キャリアアップならエンジニアジョブガイドで大丈夫

求人お役立ちコンテンツ

必要とされている技術

システムエンジニアに必要なスキルとは、一体どんなスキルだろうかということで、システム開発を行うシステムエンジニアに必要なスキルについてまとめています。
システムエンジニアといっても、Sler(System Integration略称"SI"に~する人を意味する"er"付け足した造語「System Integrater」の略称で、エス・アイアーという)やSE、プログラマなど役割や作業範囲や呼び名には以外と幅があります。

一般的にはプログラマは実際にプログラムをする人、システムエンジニアは設計やドキュメント作成、要件定義などをする人をさします。
同じシステムエンジニアでも企業や文化圏がことなる場所では作業範囲や役割も異なりますので、概ね必要であるスキルなどを抽出してみましょう。

必要なスキル

1.コミュニケーションスキル・企画・計画・提案スキル

クライアント企業がどんなシステムを制作したいのかを、明確にヒアリングや提案、計画をします。システム開発も特別な作業ではなく、あくまで依頼者との関係調整能力と、ビジネスライクな視点が求められているようです。イメージ先行で、ただ黙々とプログラムソースを書いているだけでは、なかなか通用しにくいかもしれません。
勿論、専門用語などは多様せず、依頼者視点での説明テクニックも必須になります。通常このスキルは経験豊富なエンジニアが特に必要になるケースが多いようです。

2.チーム帰属能力と協調性

システム開発プロジェクトの規模によりますが、たいてい複数人でチーム構成してプロジェクト対応するケースが多いようです。ですので、自分の主張だけでなく相手の意見や提案、考え方などを論理的、かつ柔軟に理解する能力が必要とされます。
それぞれのポジションの人同志の適切な距離感が必要なようです。互いに要望を出しすぎると良好な関係は望めませんが、意見をださないでいるとプロジェクトの成果は限定されてしまうようです。

3.問題定義、解決・経営視点のスキル

システム開発とはそもそも、業務や経営などで発生する作業や問題を、効果的かつ利便性の高い処理ができるようにするためです。当然、経営や業務的な観点からもシステム構築について、提案やソリューションをイメージできるスキルが必用になります。機能だけの仕組みを構築しても、業務改善や作業の効率化が図れなければ、システムを制作意味がないわけですから。

4.コンピュータシステムに関する知識とスキル

技術的な分野については、まず膨大なコンピュータのソフトウェア、ハードウェア、ネットワークやシステム開発に関する知識を保持していることが理想的です。知識量が膨大なだけでは意味がありませんが、必要な分野に精通し、かつ実際のシステム開発に有効に反映できる知識やスキルといった方がより適切でしょうか。
特定分野を専門としているプログラマなどの場合は、その分野に特化した知識さえあれば問題ない場合もあります。もともと係る情報や知っておくべきことが、特定分野かつ特殊な内容であるケースも多いため、すべての情報に精通することはかなり困難でしょうが、基本的なコンピュータやプログラムの仕組みについては知っておく必要があるようです。
基本情報処理技術者やソフトウェア技術者、アプリケーションエンジニアなどの資格を保有することでも基礎的な知識背景の基準にはなります。

5.要件定義書や仕様書などの作成スキル

システム開発をするにあたっては、設計書や要件をきちんとまとめた要件定義書などのドキュメント作成をするスキルも必要になります。仕様書やシステムの設計書など、クライアント企業などに提案するもの、プロジェクトチーム内で保有するものなど形式、書式はさまざまです。
プロジェクトや企画内容を文章にまとめるスキルも必要になってきます。
サーバーなどハードウェアの選定や提案も、クライアント提案資料などに記載を行います。

6.システム開発=プログラミングスキル

実際に仕様書や設計書に従って、決められた言語でのプログラム開発スキルです。呼称で分類するとプログラムソースを実際に記述するのはプログラマーで、システムエンジニアは人員管理や折衝、工程管理などを行うケースが多いようです。

7.保守運用スキル

テストやデバッグについての概要スキルは必要ですが、システム自体の運営をする際の、保守運用ノウハウについての経験や知識のスキルも必要です。
運用後にバグや不具合などの修理や発生頻度の把握をしたり、システムが設計通りに運用、利用されているかまでもカバーできる必要があります。
どうでしょう。システム開発に必要なスキルはコンピュータに詳しいだけやプログラミング言語を使用できるだけではなく、社会性や協調性、言語伝達能力や折衝能力、資料作成スキルなど多岐のスキルが必要なようです。
ただプログラムが書けるとか、システムの設計ができるというだけでは、システム開発はおろか、プログラマやシステムエンジニアさえなるのは難しくなりそうです。